あと4年で30代!アラサーが『30代を無駄に生きるな』を読んで考える!

人生を豊かにする本

こんにちは、ひとぅみです♪

以前永松茂久さん著書『20代を無駄に生きるな』を読んで26歳の私が20代をどのように生きるかを考えた記事を掲載しました。

また4年後来る30代へ向けて、関連書籍の『30代を無駄に生きるな』を読みました。

そこで今回はこの本を読んで得た、これからの30代、40代、50代、それ以上の人生をより良く歩むための学びをまとめます。

たねさん
たねさん

あなたはどんな30代にしたい?

自分の現在地を理解して、なりたい自分を思い描く

突然ですが、あなたは将来のなりたい自分は想像できますか?

笑顔の女性
通りすがり女性

私はいつか英語を話せるようになって外国人の友達欲しいな

では、その目標に向かって何かしていますか?

笑顔の女性
通りすがり女性
 

うん!とりあえず英語を勉強してるよ。

では、どの程度英語は話せますか?

笑顔の女性
通りすがり女性

うーん、英語は勉強しているけどまだ外国人と話したことないからわからないな。

この通りすがり女性は、夢に向かい行動を始めています。

しかし、実際は英語を勉強しているにもかかわらず外国人と会話していません。

これは自分の現状を理解して行動しているとは言えないと思います。

この例は極端ですが、この状態はとてももったいないと思います。

でも皆さんの中にも、自分の現状(現在地)を理解せずに夢への行動を始めるもったいない人がいるかもしれません。

この本の著者は自分の現在地を理解せずに砂漠のオアシスを目指し、途中他人から地図とコンパス、水を貰ってもたどり着けなかった青年の話として自分の現状を理解せずに夢を追うことは危険だと伝えています。

でもかく言う私もまずは現状を理解するという意識は薄く、いきなり行動を始めていました。

未来を考えフットワーク軽く行動し始めることは大切なことです。

しかし、はじめは自分の現状を正しく理解すること、自分の現状からなりたい自分までの距離や位置を考えて行動する大切さを学べたと思います。

またなりたい自分を思い描き行動を始めたけど、所詮夢は夢だから実現は難しいと感じてしまうことはありませんか?

私はあります。

でも、著者はなりたい自分や夢を思い描くことについて人は面白いほど、自分で想像したことに現実が引っ張られていく、脳科学的にも人が具体的に何かを想像すると脳が無意識にそこに向かって動き始めることが証明されていると伝えています。

夢は願えば必ず叶うとは限らないけど、願わなければそもそも夢は叶わないし、願うこと(思い描くこと)が夢を実現する可能性を高めることを再認識できました。

自分の考え軸をつくり、もつこと

20代を無駄に生きるなの中でも著者は言っていますが、再度30代においても自分の考え軸をつくり、もつことが大切だと伝えています。

たとえば、世の中の出来事にコメントしているコメンテーターの意見に同調、批判するなどの反応するだけになってませんか?

以前の私も世の中の出来事にコメントしている意見をもとに反応するだけだったと思います。

でも、ただ他人の意見に反応するだけは、自分の意見つまり自分の考え軸をもっているとはいえないことを学びました

自分の考え軸がないと、きっと自分の人生なのに簡単に他人へ奪われ、自分で自分の人生を生きられなくなると思います。

だから、私は自分で物事を調べたり学ぶことで自分で考え、判断できる力を身につけなければと強く感じています。

今日より明日という未来を充実できるように頑張ります!

みなさんも何かと大変な時代ですが、充実した自分の人生を生きれるように一緒に頑張りましょう!

では、また★ May tomorrow be a good day!

タイトルとURLをコピーしました